03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

計算が、、、 

708.jpg
今シーズン生まれのピューターマイコレちゃんですが、
メスと思って育ててきましたが、8.5センチを超えて、、

710.jpg
伸びました、、完全に尾が。。(- -;)
種親に育てようと最後の1匹でしたが完全に計算が狂いました、、
まさか8センチ超えて伸びるとは、、

709.jpg
甲羅の色も薄く、美白の色男です(笑)
育ってくるとトレードマークの、ワイン色の目は少し濃くなります。
せっかくですのでもうすこし大きくして色変化を楽しみたいと思います。

スポンサーサイト

[edit]

懐かし写真その1 

PCの画像を整理していたら、懐かしい写真がたくさん出てきました。

このブログの前に別のブログをやっていたのですが、
データの以降ができずに昔の記事や写真は泣く泣く破棄状態でした。
ちょうどねた切れシーズンですので、一部ですが紹介したいと思います。

以下は、5年ほど前にクリーパーの取材で青亀師匠宅へお邪魔したときに
撮影したものです。
どの個体もすばらしく度肝を抜かれていたのを記憶しています。

679.jpg
ピューターのオス。見事にパターンレスです。

680.jpg
皮膚も美白。

681.jpg
フルアダルトで見ごたえのある個体です。

682.jpg
続いては、今で言うアルビノリューシのヘテロ。
ピューターのヘテロを持ったアルビノ個体です。

683.jpg
特徴が分かりにくいですが、色が薄めで
レモンイエローのような甲色でした。
視力は通常のアルビノよりもさらに弱いですが、きれいです。

684.jpg
続いては同メス個体。
この個体は今もキープされていると思います。

685.jpg
アルビノでも、ピューターもしくはアルテのヘテロを持っているとのこと。
こちらも色が薄めできれいです。



画像がたくさんありましたので分けて記事にしたいと思います~

[edit]

男前ピューター加温中 

こちらも冬眠中に調子を崩しかけたところを回収した輩。
659.jpg
エサ食いも回復し、成長線が見えてます。
14センチを超えたので次世代の種親にしたいところ。
小さい時は模様がありましたが、完全に消失してしまいました。
変化してくれるねー!という感じ。

661.jpg
腹甲には黒いもやが不規則に出るのがこの品種の特徴。

660.jpg
特徴的なのは、ブルーアイリスと呼ばれるまぶたと
虹彩が淡いブルーに染まる点。この個体はゴールデンアイになっています。
それにしても美白。皮膚や顔面は怪しげな銀色に輝きます。
魅力的な品種ではないでしょうか?!

[edit]

ブルーアイリス 

637.jpg
体の下半分が半透明になるという不思議な品種、ピューターです。
色抜けが進んでいます。

[edit]

白ピューター 

627.jpg
そういう品種ではないですが(笑)

ピューターの種オス、老成個体効果なのかすごい色に。

結構な長期飼育ですが、年々色が抜けて薄いベージュ一色になってきてます。
苔むしたトロ舟の中でかなりの目立ちよう。

628.jpg
顔面や皮膚もかなり抜けてます。
なんともいえないです。この品種の特徴ですね。

629.jpg
裏もつるつる、この冬もきちんと仕事をしてくれるでしょうか??

[edit]

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

ブログ村

感想・お問い合わせはこちら

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。